矯正歯科につれていく

永久歯に生え変わりだしたときに、なんだか下の歯だけ、がたがたになっているなと思った。
そんなことないかな?とも思ったが、やはり、日を追うごとにそう感じるようになった。
どうしようかなと思い、友達に相談したり、主人に相談したりする日が続いた。
そして、悩みに悩んで矯正歯科につれていくことにした。
先生には、今だとまだ歯が動きやすいので、今来てよかったですよと言われた。
ただ器具がみえたりするので、子どもはどう思うかだ。
それはすごく気になったが、歯がガタガタよりはいいと言い始めた。
きっと本人なりに気にしていたのだろう。
それを思うと、生えてくるときにどうにかしてあげたかったなと思った。
そして、矯正歯科に通うようになった。
たまに器具調節にいくのたが、痛くなるときがあり、その都度、受診した。
痛いといっているのをみると、そのままにはできなかった。
器具が当たっているところに口内炎ができたりもしていた。
痛みがなく矯正ができるようになってほしいなと日々思っていた。
子どもの友達も矯正をし始めたらしく、仲間ができたと喜んでいた。