本当に火星に住めるの?

アメリカの宇宙企業が火星に都市を造ろうとしています

その規模もすごくてなんと100年後には100万人が住む都市を造る計画なんだとか

大きなロケットを使う事で渡航費用と言えばいいのかどうかわからないけれど一人2000万円以下にするというんです

昔火星人来襲というラジオ番組で聴視者が本当の事だと錯覚してパニックになったことが有る星

宇宙人に代表されるように火星人はクラゲをもじった姿と表現されますよね

地球に一番近い惑星、それも太陽に近い方ではなく遠いほうだけに温度管理が出来れば住めるとなるのでしょうか

ただ水とか食料とか言う人間が生きていくために必要なものとかをいったいどうするのでしょう

現地で工場を作って生産するのならば、それまでは人が住めないという事ですよね

普段から宇宙服を着ていられるわけでもないし・・・

不思議なことはいっぱいあるけれど、久しぶりに夢のある話を聞いた感じがします

早ければ6年後にも打ち上げ開始、申し込む人は一体どんな人なんでしょうね

社会人になりたての頃はとにかく身だしなみというものが気になりますがそれほど良い物はやっぱり着れませんよね

でも頑張って社内での地位も上がり信用も得てくるとやっぱり身だしなみというものは大切になってきます

その中でスーツもそうなんですが、かっこよく決める時はやっぱり靴

この靴のお薦めはやっぱりオールデン コードバンです!靴を見ればその人のセンスが分かるというものですね

ここはネット販売だけど、なんと安心なことに「無料サイズ交換保証」というものが有るんです

せっかく買ったのに自分の足のサイズに合わなかったら交換してくれるんですね

高い買い物だけに満足のいく一足がきっと得られますよ